ハタ リョウスケ
  畑 亮輔   社会福祉学部 福祉臨床学科   准教授
■ 標題
  【科研報告書】ネットワーキングプロセスに関する研究成果報告書-コミュニティソーシャルワーカーに対するインタビュー調査をもとに-(分担執筆)
■ 概要
  平成20年度日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(A))「ソーシャルワークの特性に関する実証的研究ーケアマネジメントとの関連を基にー」の研究の一部である。本研究では、ネットワーク構築に係っている専門職へのインタビュー調査を実施することにより、ネットワーキングのプロセスまたその中で必要とされる専門職の実践等を明らかにすることを目的とした。分析の結果、専門職が関わっているネットワークには地域住民のつながりを強化し、地域の福祉力を高めることを目的として地域住民を巻き込んだ住民主体ネットワークと、地域に存在する様々な課題への対応を目的として専門職のみで形成された専門職ネットワークの2パターンがあることが明らかとなった。インタビュー・分析・執筆を担当した。
     ソーシャルワークの特性に関する実証的研究-ケアマネジメントとの関連をもとに-   大阪市立大学大学院生活科学研究科 白澤研究室   pp.1-15   2009/03