ハタ リョウスケ
  畑 亮輔   社会福祉学部 福祉臨床学科   准教授
■ 標題
  【調査報告】高齢者が自立(自律)し、尊厳ある生活を地域で送るための支援ならびに支援体制のあり方について(分担執筆)
■ 概要
  本調査研究では、住民等が主体となった高齢者の生活支援の具体化と地域の支援体制の構築をセンターが推進していく際に、どのような視点のもと、どのような体制やプロセスで事業を進めていけばよいのかを具体的に示すことを目的としている。全国9カ所のセンターに対するインタビュー調査をおこない、質的な分析によってそのプロセス等を明らかにした。インタビュー調査(4カ所)と分析、執筆を担当した。
     高齢者が自立し尊厳ある生活を地域で送るための支援ならびに支援体制のあり方について報告書   全国地域包括・在宅介護支援センター協議会   pp.14-24   2016/07