マツウラ トシオ
  松浦 年男   文学部 共通部門   准教授
■ 標題
  長崎方言における二字漢語のアクセント型
■ 概要
  本稿では,長崎方言の二字漢語のアクセント型がどのような要因によって決まるかという問題について,「仮説1:前部要素の形態素に指定されたアクセント型によって決まる」,「仮説2:前部要素のモーラ数によって決まる」,「仮説3:後部要素のモーラ数によって決まる」という3つの仮説を検討した。そして,実在語,臨時語を用いた聞き取り調査の結果,仮説3 が妥当であることを示した。
   単著   九州大学言語学論集   九州大学大学院人文科学研究院 言語学講座   第30号   pp.29-58   2009/12