イトウ シンイチロウ
  伊藤 新一郎   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  福祉国家論の理論的基盤に関する批判的考察-社会契約論-国民国家論の視点から-
■ 概要
  本稿は、「社会契約論」と「国民国家論」の視点から、福祉国家論の理論的基盤について批判的に検討したものである。現在の福祉国家論が描く「福祉国家」像は、近代国家の延長線上に位置づけられると考えられてきたが、その理論的基盤は「社会契約論-国民国家論」というパラダイムであるが、ここではその「擬制性」についての指摘・考察を行った上で、そのことを自覚的に認識しながら「福祉国家の新しい論じ方」を構想する上での前作業として「福祉国家論の特質」を整理した。
   単著   北星論集   北星学園大学社会福祉学部   pp.77-94   2012/03