イトウ シンイチロウ
  伊藤 新一郎   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  聴覚障害のある学生に対する社会福祉士養成のための実習教育の展開
-手話通訳及び要約筆記専門団体による支援活用の試み-
■ 概要
  本稿は、聴覚障害のある学生が社会福祉士実習を行う際の実習前・実習中・実習後における合理的サポートのあり方について、当該年度に実習を行った学生への実習支援の展開を例を取り上げながら、今後の課題について整理したものである。今回は、手話通訳団体や要約筆記団体を活用したケースであったが、今後の課題としては、①実習先の選定、②実習指導プログラムの作成時期、③学内支援体制の構築と強化、④支援の予算措置と継続性、という4つが示された。
   共著   北星論集   北星学園大学社会福祉学部   第49号   pp.179-191   2012/03