イトウ シンイチロウ
  伊藤 新一郎   社会福祉学部 福祉計画学科   准教授
■ 標題
  福祉レジームとしての日本型福祉の変容~1990年以降のリスク管理の展開と特質~
■ 概要
  本稿では、1990年代以降の日本型福祉を「福祉レジーム」の視点から考察し、そこでのリスク管理の展開と特質について述べた。その内容は、①日本型福祉にみられる残余性は「企業-家族型」から「市場型」へと移行していること(市場主義的福祉モデル)、②1990年代以降における日本の「福祉の市場化」動向は、「福祉レジームの市場化」として捉え、全体的なレジームチェンジとして理解する必要があること、③福祉レジーム論類型で言えば、「ハイブリッド型」モデルとされてきた日本であるが、現在では「自由主義」モデルとの共通性が多くみられ、それとの共通性を強めつつあること、を指摘した。
   単著   北海道医療大学看護福祉学部紀要   北海道医療大学看護福祉学部   第15号   pp.1-12   2008/12