カタオカ トオル
  片岡 徹   文学部 心理・応用コミュニケーション学科   准教授
■ 標題
  【翻訳】「マンチェスター大学の平和学プログラムの歴史~過去、現在そして未来~」(ケネス・ブラウン マンチェスター大学名誉教授・元平和学研究所所長)
■ 概要
  本原稿は、2010年1付き1日に北星学園大学を会場に行われたマンチェスター大学の名誉教授であり、元平和学研究所所長であるケネス・ブラウン先生の講演録を日本語に翻訳したものである。今回の講演は、2009年度より2か年計画として行っている北星学園大学特定研究費(プロジェクト研究)「平和学プログラムの高度化に関する調査研究」(研究代表者:萱野智篤経済学部教授)の一環として実施されました。1948年にマンチェスター大学において、米国ではじめて設立された学問としての平和学の体系を、歴史的な経過を踏まえてお話された貴重な記録である。
   単著   北星学園大学文学部北星論集   北星学園大学   第48巻第2号(通巻第55号)   2011/03