カタオカ トオル
  片岡 徹   文学部 心理・応用コミュニケーション学科   准教授
■ 標題
  総合的な学習の時間の見直し議論から考える教師の専門職性
■ 概要
  昨今の学力論議の影響を受けて見直しが叫ばれる「総合的な学習の時間」をめぐる議論に対して、単なる賛否の議論を超えて教師の専門職性に引き付けて議論することを提起した論文。
   単著   月刊高校教育   学事出版   12月号   2006/12