カタオカ トオル
  片岡 徹   文学部 心理・応用コミュニケーション学科   准教授
■ 標題
  分散型リーダーシップ(distributed leadership)に関する一考察:学校経営研究における「理論と実践」の相互作用性の議論に着目して
■ 概要
  教員の参加とエンパワーメントを実現し民主的な学校を作るとされている分散型リーダーシップの理論と実践が、教師の専門職性の高度化を制約し、教師の行動形式を枠組みつけているに対する批判的検証論文。
   単著   東京大学大学院教育学研究科 教育行政学論叢   東京大学大学院教育学研究科   第26号   2007/03