タカハシ モモヨ
  高橋 百代   社会福祉学部 共通部門   教授(嘱託)
■ 標題
  場面で学ぶフランス語Ⅰ
■ 概要
  さまざまな日常生活の場面での対話を通して、フランス語でのコミュニケーションを可能にすることに重点を置いて編集した。文法事項は正確に話すため、また発展的に応用可能な文をつくるための道具と位置づけているため、体系的に展開するべきものとしてはとらえていない。あくまでも実際の場面での自然な対話の流れのなかで、それらが螺旋的な展開のなかで繰り返し出現するように工夫してある。本書の特徴は対話例を暗記し、与えられた材料を使い、実際に学習者がフランス語を使う喜びを味わいつつ、基礎フランス語が身につくことを目標とするものである。
   共著   三修社   2010/02