タカハシ モモヨ
  高橋 百代   社会福祉学部 共通部門   教授(嘱託)
■ 標題
  【研究ノート】Faux amis (フォ・ザミ)とtrès bons amis(トレ・ボン・ザミ)
■ 概要
  長い歴史のなかで異質な文化が交わる中で、言語上にも当然何らかの影響が生じてくる。読み方は違っても語源や意味がよく似ている言葉や、見かけは極似していても語源や意味は別物である言葉が出現する。本論では、英語とフランス語の間に見られるこれらの言葉を取り上げ、文化的営為としての外国語の習得の心構えについて一考してみた。
   単著   北星学園大学外国語教育研究会 共同文化社   2006/03