タカハシ モモヨ
  高橋 百代   社会福祉学部 共通部門   教授(嘱託)
■ 標題
  【翻訳】ジャン・チュイリエ著「眠りの魔術師メスマー」
■ 概要
  Jean Thuillier, ≪Franz Anton Mesmer ou l’extase magnétique≫の全訳。オーストリア人医師フランツ・アントン・メスマー(1734-1815)は催眠療法(メスメリズム)の創始者として知られているが、その療法の発見の過程は当時の医学レベルにおいては革命的なものであるゆえに、社会的に認知されにくいものだった。本書はメスメーの生涯をたどりながら、この催眠療法の経緯を明らかにした評伝である。
   共著   工作舎   1992/09