ダイボウ イクオ
  大坊 郁夫   北星学園大学 大学・短大部共通   学長
■ 標題
  潜在ランク理論による精神的健康調査票(GHQ)の順序的評価
■ 概要
  潜 在 ラ ン ク 理 論 を 用 い て 精 神 的 健 康 調 査 票( G H Q ) を 順 序 的 に 評 価 す る 手 法 を 提 案 し た 。臨 床 場 面 で 用 い ら れ る ス ク リ ー ニ ン グ テ ス ト は 回 答 者 を 二 値 に 分 け る だ け の 単 純 な も の で あ る 。 そ れ に 対 し て , 症 状 に よ っ て 回 答 者 を ラ ン ク 分 け す る こ と で よ り 柔 軟 な ス ク リ ー ニ ン グ が 可 能 に な る と 考 え ら れ る 。 9 4 9 人 ( う ち , 8 0 人 の 神 経 症 患 者 を 含 む ) に G H Q を 回 答 し て も ら い , 潜 在 ラ ン ク 理 論 を 用 い て 回 答 者 を 4 つ の ラ ン ク に 分 け た 。 従 来 使 わ れ て き た カ ッ ト オ フ ポ イ ン ト は ラ ン ク 3 以 上 を ラ ン ク 1 の 健 常 者 か ら 分 離 し て い た が , ラ ン ク 2 の 人 を 上 手 く 分 離 で き て い な い こ と が 明 ら か と な っ た 。 こ れ ら の 結 果 は ,潜 在 ラ ン ク 理 論 を 用 い た 順 序 的 評 価 が 柔 軟 な ス ク リ ー ニ ン グ に 利 用 で き る 可 能 性 を 示 唆 し て い る 。
   共著   心理学研究   日本心理学会   85巻5号   pp.464-473   2014/12