ヤナギマチ トモハル
  柳町 智治   文学部 英文学科   教授
■ 標題
  大学校舎における学びと知識・情報のネットワーク: 北海道大学留学生センターの設計理念
■ 概要
  1994年に竣工した北海道大学留学生センターの校舎について、「学習環境のデザイン」の観点から、設計理念や建設の意図を検討した。具体的には、センター建物の中央に配置された吹き抜けラウンジ、階段、個室の開口部等の開放的な平面プランが内部の「見通しの良さ」を生み出し、利用者が建物内のインフォーマル、フォーマルな知識、情報、活動のネットワークに自らを位置づけることが可能になっていることを示した。
   単著   北海道大学留学生センター紀要   北海道大学留学生センター   14号   pp.1-14   2010/12