ヤナギマチ トモハル
  柳町 智治   文学部 英文学科   教授
■ 標題
  教室における知識・情報のネットワーク:入門フランス語クラスでの調査から
■ 概要
  初級フランス語の授業における外国語学習の組織化の様子を、一学習者として参与観察し、調査した。特に、1) 学習者間の知識・情報のネットワークとそれへのアクセスの様子と、2) 環境中の人工物とのインタラクションやその空間的再配置に着目し考察した。以上のような分析考察の作業を通じて、「学習環境のデザイン」がどのような新視座を提供できるかを検討した。
   単著   上野直樹・ソーヤーりえこ(編)『文化と状況的学習:実践、言語、人工物へのアクセスのデザイン』   凡人社   pp.154-170   2006/01