アダチ キヨト
  足立 清人   経済学部 経済法学科   教授
■ 標題
  ローマの境界線確定訴訟(actio finium regundorum)について・序説
■ 概要
  ローマにおける境界線確定訴訟(actio finium regundorum)について,まず,学説彙纂(Digesta)からその構造と機能を再構成し,ローマの境界線確定訴訟についてのFocke Tannen HinrichsとRolf Knuetelの論叢を紹介した上で,学説彙纂からの再構成と,HinrichsとKnuetelの論叢から,境界線確定訴訟の問題点を提示し,今後の研究の展望を示した。
   単著   明治学院大学法学部法学研究   明治学院大学   第98号   pp.219-281   2015/01