オカダ ナオト
  岡田 直人   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  【論文】防災を求心力とした地域社会における個別支援とネットワーク化についての研究-大規模災害における安否確認と福祉避難所の実態をもとに-
■ 概要
  ケアプランで災害時にも要援護高齢者の安否確認を行う者を確保できるようになったが、福祉避難所への誘導では課題があることが分かった。そこで、ケアプランで自動的に福祉避難所に誘導する者が必要である。その仕掛けとして、防災を求心力として地域住民に働きかけ、日頃から支援する者を育て、地域の関係機関とつなぐことが重要である。そして、両者をつなぐコーディネーター役の存在ときっかけ作りが必要であると論じた。
   単著   「北星論集」   北星学園大学社会福祉学部   第50号   pp.23-39   2013/03