タケノウチ マサキ
  竹野内 真樹   経済学部 共通部門   教授(嘱託)
■ 標題
  移民:国境を超える人間と社会
■ 概要
  本稿では、今日の移民は、国から国への人の流れとしてみるだけでは十分把握できず、むしろ移民が「国民的枠組を超えた社会空間」を形成し、それに帰属しているとみるほうが妥当であることを強調した。そしてこの社会空間の持つ特徴と、先進国社会に与えるインパクトについて分析した。
総ページ数〔23p〕
   単著   武蔵大学論集   武蔵大学経済学会   第51巻第2号   pp.207-229   2003/12