ハギワラ コウタ
  萩原 浩太   経済学部 経済法学科   教授
■ 標題
  経済法判例研究会No.261 排除措置命令取消訴訟執行停止申立事件における「重大な損害」
-土佐あき農協執行停止申立事件
■ 概要
  土佐あき農協に対する排除措置命令(公取委平成29年3月29日)について取消訴訟が提起されその執行停止申立についての決定(却下、東京地決平成29年7月31日)を題材に、先行事件(奥村組土木興業執行停止申立事件決定)とともに、最もカギとなる要件である「重大な損害」について、独禁法排除措置命令の特色を踏まえて要件該当の可能性を探った。
   単著   ジュリスト   有斐閣   1515号   pp.104-107   2018/02