タナベ ヒトシ
  田辺 等   社会福祉学部 共通部門   教授(嘱託)
■ 標題
  精神保健相談におけるアダルトチルドレン問題
■ 概要
  田辺が精神保健福祉センターで相談や治療で生活史を聴取できたアダルトチルドレン(AC)自験例10例を分析し、考察を加えた。AC概念は「問題の世代間伝播」に注意を向けさせ、問題を抱えた当事者に新たな自己規定を与える。精神保健相談では当事者の主訴を相談しつつ、原家族での感情体験の想起からAC問題を受け容れ易い時にはAC問題にリフレ-ムすると有効な症例があること、援助者は心理療法的関係を形成しつつ無理なくAC概念を扱うべきであり、集団精神療法の活用も検討課題であると述べた。
   共著   北海道立精神保健福祉センター年報   第32号   pp.p84   2001/01