ツノダ カズヒコ
  角田 和彦   文学部 共通部門   准教授
■ 標題
  【研究ノート】本学学生の歩行に関する運動特性
■ 概要
  本研究は本学学生の歩行運動の特性を明らかするために,バイオメカニクス的手法(画像解析,床反力,フットプリント測定)により分析を試みた。着床時の動作から,踵着床歩行,足庶全体歩行,中間型の3つに分類された。歩行形態と速度には関連がなかったが,速度の上昇は歩行率の上昇に因ることが明らかになった。また,踵着床歩行の特徴として,股関節角度と下腿の角度が大きいこと,着床時の床反力が大きく,しかも離床時の力も大きいことが示唆された。
(掲載部分)p119-p128
   共著   北星学園大学文学部北星論集   北星学園大学   第41巻(通巻第41号)   pp.119-128   2004/03