ツノダ カズヒコ
  角田 和彦   文学部 共通部門   准教授
■ 標題
  中学生における橈骨骨密度推移と筋力・運動習慣の関係
■ 概要
  本研究では健康な中学生70名にアンケー
ト調査,握力・骨密度測定を行い,性別
,学年別に分類し,骨密度を男女別3群
間,男女間で比較検討した.また,運動
時間・頻度,握力と骨密度の関係を調べ
た.
その結果,骨密度は男子が2~3年生(p<
0.05),女子では1~2年生(p<0.01)にか
けて有意に高くなった.運動時間と頻度
は骨密度との相関が低かった.握力は男
子のみ骨密度と強い正の相関がみられた
(r=0.710,p<0.01).結果より,男子で2
年生以降,女子では1年生もしくはそれ
以前から骨密度が著しく増加することが
示唆された.また,男子では中学生,特
に2年生以降に筋力増強運動を行うこと
が骨密
   共著   北星学園大学 経済学部 北星論集   北星学園大学 経済学部   2013/03