ウラノ マリコ
  浦野 真理子   経済学部 経済学科   教授
■ 標題
  インドネシア先住民の人権
■ 概要
  インドネシアの先住民運動がどのようにして始まったのか、スハルト大統領の強権的な政治のもと少数民族たちはどのような窮状におかれたのか、そして民主化のなかでさらにどのような課題があるのかを、固有の文化の保全、土地・資源への権利という点から説明した。
   単著   インドネシア・ニュースレター   2010/03