ニシワキ リュウジ
  西脇 隆二   経済学部 経営情報学科   教授
■ 標題
  Hokusei Gakuen’s Historical Roots in the Words of the Founders—創立者たちの残した記録—
■ 概要
  北星学園大学が50周年を祝うに当たり、学園の歴史的ルーツの理解を深めるために大学スミスミッションセンター運営委員会は七組の原本文書をここに転載、資料とすることにした。これらは総体として創立者サラ・C・スミスが札幌に滞在していた期間に学校組織がいかに始められ、発展していったかを物語るものである。本資料集の焦点は、北星の学校組織の形成について、そのプロセスを実際に主導した者たちの直接の言葉を用いて明らかにしていくことである。
 本資料集には以下のものが含まれる。a.北星女学校の年次報告書。これは米国長老教会総会の報告書に含まれていたもの、b.「スミス先生日記」、別名「スミス校務年誌」。サラ・スミスの学校に関する年度ごとの報告書、c.米国長老教会
外国伝道局書記に宛てた、または書記から受け取った、北星女学校関連の報告書と書簡類、d.「日本宣教団報告書」に含まれている北星女学校の年次報告書、e.女性向けキリスト教宣教雑誌「女性のための女性のはたらき」(Woman's Work for Woman)に掲載された、北星宣教師による記事と報告、f.北星女学校で奉仕した宣教師たちの個人記録文書の情報、g.学校の二代目宣教師校長アリス・M・
モンクによる教育の理想に関する記事。宣教雑誌「日本伝道者」(The Japan Evangelist)からのもの。

 これらすべては英語で転載、資料とされており、総会報告と校務年誌は日本語にも訳されている。校務年誌の原本をデジタルスキャンしたものが含まれている。しかし他の文書類の版権は米国長老教会と長老歴史協会が所有している。また、これらの文書類に含まれている北星関連のデータは散逸している場合が多い。このような問題点を鑑み、我々はこのような形で情報を転載、資料化することにした。
   共著   北星学園大学・北星学園大学短期大学部ウエッブサイト、記念事業the 50th Anniversary in 2012   北星学園大学開学50周年記念事業   2013/03