ミヤザワ テルエ
  宮澤 照恵   経済学部 共通部門   教授(嘱託)
■ 標題
  【書評】白倉一由著『西鶴文芸の研究』
■ 概要
  当該書の独自性を紹介し、当該書に一貫している文芸性の追求という姿勢を評価した上で、「論理性、先行論説の摂取、ターム」の3点に絞って問題点を分析したもの。
   単著   国語と国文学   東京大学国語国文学会   pp.53-57   1996/01