スギオカ ナオト
  杉岡 直人   社会福祉学部 福祉計画学科   教授(嘱託)
■ 標題
  人口減少社会のゆくえ
■ 概要
  人口減少問題は国際的な先進国では出生率の経過、経済活動の停滞、個人の生活欲求の多様化の帰結として共通の問題を提起しており、国内的には過疎・高齢化問題と大都市における子育て環境の悪化にともなう社会生活維持に必要な年金財政の問題も若者たちの負担が困難になってきているマクロ的問題、福祉サービスの確保に関わる充実の課題が提起されていることを明らかにした。
   単著   現代社会学研究   北海道社会学会   pp.45-50   2015/06