スギオカ ナオト
  杉岡 直人   社会福祉学部 福祉計画学科   教授(嘱託)
■ 標題
  高等教育機関における障害学生の情報保障支援の課題(1)―先進事例調査を中心に―
■ 概要
  具体的な研究の手順としては、第一に文献研究をおこない、JASSOのホームページ「障害学生支援」のサイト(障害のある学生の修学支援に関する実態調査結果報告書、教職員のための障害学生支援ガイド等)、先行事例として紹介されている各大学のホームページや雑誌論文等から取り組みを整理し、わが国の障害学生支援の到達点と研究課題を明らかにする。第二に聞き取り調査については、半構造化インタビューを用いて、障害学生当事者(視覚障害のある現学生および現在研究職者である人4人程度およびその支援者3人(家族および教員等)を対象として、a)障害学生(視覚障害のある現学生および現在研究職者である人)に生活史の聞き取り(進学、修学、研究活動で受けてきた支援、学校(専門機関)等に配慮を求めたい内容等)をインタビューし、b)支援者(家族および教員等)には障害学生とどのように関わってきたか、学校(専門機関)等に配慮を求めたい内容等について調査を実施する。また、第三に先進事例の対象としては、障害学生に対する講義支援体制が充実している大学で学生主体での支援スタッフの技術養成・交流・広報について調査をおこなう。後半では、本学内の障害者支援に関わるスタッフ、教員および学生を含め、ワークショップ形式にて総括的な検討を予定している。
   共著   北星学園大学社会福祉学部北星論集   北星学園大学   pp.89-110   2018/03