スギオカ ナオト
  杉岡 直人   社会福祉学部 福祉計画学科   教授(嘱託)
■ 標題
  福祉NPOは安くて質の高いサービスを提供できるのか
■ 概要
  NPOの存在意義が市民パワーによる非市場的価値の追求としての相互扶助や非営利性にもとづく民主主義的ルールによる運営やその継続性にあるとすると、これまでの市場サービスに対する明確な対抗軸を持たなくてはならないといえる。介護保険事業に進出したNPOは、事業体としての水準とケアの水準を問われることになるが、もっとも大きな課題はNPOであることの理由を社会的に認知させることができるような事業のあり方である。
(掲載部分)p31-p37
   単著   教育と医学   慶應通信   51巻7号   pp.31-37   2003/07