ゴトウ ヤスヒロ
  後藤 靖宏   文学部 心理・応用コミュニケーション学科   教授
■ 標題
  インテリアによる精神的疲労および肉体的疲労の低減効果の検証
■ 概要
  後藤自身による先行研究(後藤靖宏 「インテリアと「癒し」および「和み」の感覚との関係-写真評定法による因子抽出の試みと「癒し」・「和み」の評価プロセスのモデルの提案-(北星論集(文)、43(2)))によって明らかになった特徴を忠実に再現した空間(以下「癒し部屋」)を使用し、そのインテリアが精神的負担や肉体的負担を低減する効果があるのかを実験的に検討した。被験者は,クレペリン検査を行う群(精神的疲労群)と階段昇降を行う群(肉体的疲労群)に分けられ、それぞれ課題を行った後、「癒し部屋」で一定時間過ごした。過ごす前後でPOMSおよびGACLを行った結果、両群とも有意に疲労が回復したことが示された。
(掲載部分)p13-p23
   単著   北星学園大学文学部北星論集   北星学園大学   第44巻第2号(通巻第47号)   pp.13-23   2007/03