ナカジマ テルアキ
  中嶋 輝明   文学部 共通部門   教授
■ 標題
  大学入学生の高校における教科「情報」でのパソコン利用経験および普段のパソコン利用状況に関する調査
■ 概要
  高校において普通教科「情報」を必修科目として履修し、2006年4月に入学してきた本学の1年次学生を対象として、本学独自のプレースメントテストの得点と、高校および普段のコンピュータ利用経験との間の関連性について調査した。調査の結果、高校でのコンピュータ利用経験は、日常のツールとしてコンピュータを利用するところまでは充分に強められてはいないこと、また、プレースメントテストの得点は高校におけるコンピュータ利用経験よりも普段のコンピュータ利用経験によって強い影響を受けていることが示された。
(掲載部分)p25-p38
   単著   北星学園大学文学部北星論集   北星学園大学   第44巻第2号(通巻第47号)   pp.25-38   2007/03