ハセガワ ノリコ
  長谷川 典子   文学部 英文学科   教授
■ 標題
  日本人のコミュニケーション
■ 概要
  本書は『コミュニケーション基本図書』第2巻として発刊。筆者は本書にて、第6章「日本におけるコミュニケーションの研究と教育」を担当。主に米国で始まったコミュニケーション研究と教育が、現在日本でどの様に広がり、また日本的な研究、教育がどの程度行われているか等を概説したものである。研究に関しては、コミュニケーションの専門書が取り扱っている領域と、日本コミュニケーション学会誌掲載論文の研究領域、研究方法に対して行った内容分析の結果を紹介し、教育に関しては、主に筆者が共同研究で行った大学におけるコミュニケーション科目についての調査結果の報告を中心とし、各教員が抱える課題、教育に対する展望、問題点等について紹介した。結論として、日本のコミュニケーション学が欧米的枠組みを超えておらず、各研究者が日本の土壌に合った独自の研究方法、教育内容を模索しており、すぐれた研究書や教科書の出版が切望されている状態であることを指摘している。〔163p〕
(編著者)橋本満弘、石井敏
   共著   桐原書店   pp.140-162   1993/03