ハセガワ ノリコ
  長谷川 典子   文学部 英文学科   教授
■ 標題
  日韓コミュニケーションの改善に向けた教材作成の試み
―エンパシー効果に焦点を当てて―
■ 概要
  当小論では、筆者が日韓コミュニケーションの改善を視野に新たに作成した教材の理論的背景を提示し、当教材の効果を検討した。異文化コミュニケーション概論の受講者の感想文を内容分析の手法を用い分析した結果、当教材は、日韓の建設的なダイアローグ醸成への素地を作るという目的に関してはある程度の効果があったことが確認された。最後に、結果を受けて、社会的ニーズに応え、歴史的事項を取り入れた異文化コミュニケーション教材導入の必要性について論じた。
   単著   異文化間教育   異文化間教育学会   第49号   pp.94-109   2019/03