ハセガワ ノリコ
  長谷川 典子   文学部 英文学科   教授
■ 標題
  少年少女漫画における男女の性役割とコミュニケーション・パターン
■ 概要
  当論文は1989年8月に発行された少年漫画、少女漫画各8誌を取り上げ、その中の登場人物がどの様な性役割行動をとっているかについて内容分析を行ったものである。具体的には、1)性役割(男らしさ、女らしさ、役割行動)、2)コミュニケーション・パターンについての分析を行い、両漫画誌間で有意差がみられるか否かを分析した。調査の結果、両雑誌間で男女がお互いに対して期待する役割行動にギャップがみられ、また、登場人物のコミュニケーション・パターンは概ね伝統的で、日本的であるといわれる特質を示したが、これらの結果が現代社会に示唆する点を論じている。
   単著   異文化コミュニケーション研究   神田外語大学異文化コミュニケーション研究所   第3号   pp.74-90   1991/03