ハセガワ ノリコ
  長谷川 典子   文学部 英文学科   教授
■ 標題
  異文化間コミュニケーション教育のへのアプローチ-2つの体験学習を通して-
■ 概要
  当論文は知識や情報の伝授といった認知的側面のみが強調され、感情・行動面の学習が、ないがしろにされがちであるという講義中心型の「異文化コミュニケーション論」の授業の問題点を克服する一手段として体験学習が有意義であることを論じている。体験学習の実際として、異文化訓練のために米国で開発され、高い評価を得ているシミュレーション・ゲームのなかから、BaFaBaFa、Barnga の2つを選択し、実際の授業に導入した際の結果の報告と学生に対して行ったアンケートの分析を通して、日本の大学における教育効果と体験学習導入に対する課題、問題点等について述べたものである。
   単著   英学   平安女学院短期大学英学会   第26号   pp.11-22   1994/03