スズキ ツヨシ
  鈴木 剛   文学部 共通部門   教授
■ 標題
  ペダゴジーと世代-教育学は世代概念をどう扱うか
■ 概要
  現代教育学における世代概念と世代に関する理論状況の検討を踏まえ、そこに存在する「青年:社会」論と「親子:家族」論という「世代」論の二重構造を浮き彫りにし、教育学が固有の領域として確保すべき視点・理論枠組みとしての「親子関係」論としての教育=世代間コミュニケーションの意義を論じた。そして、「系譜関係」としての世代関係論というピエール・ルジャンドルのいう「語る生き物の生の制定」としてのモンタージュ論が、無意識・三項関係論・コミュニケーション批判という独自の意義を世代間コミュニケーションの理論に提供する可能性ついて紹介した。
   単著   教育学年報   世織書房   10   pp.117-137   2004/03