イケダ マサコ
  池田 雅子   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  社会福祉実習指導の現状と課題-配属実習における「実習指導プログラム」の検討を通して-
■ 概要
  社会福祉教育における実習教育重視の中で、今日、「実習プログラム」や「実習中の指導」のあり方が問われている。そこでその実態を分析し、今後の課題をえることを目的としている。分析の結果、第一に「実習プログラム」の組み立方は、実習領域や同領域内での施設間格差が非常に大きい。第二に「実習中の指導方法」では、実習初期・終期の指導はあるが、実習展開上重要な中間期の指導が充分に設定されていないとの結論をえたもの。
(掲載部分)p357-p373
   単著   北星学園大学文学部北星論集   北星学園大学   第29号   pp.357-373   1992/03