イケダ マサコ
  池田 雅子   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  社会福祉関係資格と人材養成
■ 概要
  社会福祉関係資格と人材養成をテーマに、関連する文献を紹介しながら論じたもの。戦後の変遷を概観し、続いて、国家資格制度確立の経緯とその後の影響について整理している。戦前の遅れた状況から、資格化によって専門職養成を目標とした教育と実践現場の共同を促した点はメリットであるが、最近の資格の多様化によって、社会福祉実施の共通基盤が揺らいでいることが新たな課題であることを指摘した論文である。
   単著   月刊福祉   全国社会福祉協議会   第83巻第11号   pp.124-125   2000/09