イケダ マサコ
  池田 雅子   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  【受託研究】農業・農村地域の持つ健康・福祉機能を活用した地域活性化のための広域連携促進方策調査への協力
■ 概要
  社会福祉士受験資格要件のための援助技術現場実習は、従来、単一施設・機関をフィールドとしてきたが、地域における在宅サービスが重視されるにつれ、新たな実習形態が模索されている。厚生省では全国2か所をモデル地域として、地方自治体と関連施設をフィールドとした実習を試み、本学社会福祉学部がその協力大学に選ばれた。実習の企画から指導、地域フォーラムへの参加まで、指導教員として協力を行なった。
(担当部分)共同研究につき本人担当部分抽出不可能
   共著   厚生省社会・援護局   1998/07