タジツ キヨシ
  田実 潔   社会福祉学部 共通部門   教授
■ 標題
  学生による授業評価に基づいた授業改善への探索的研究
■ 概要
  学生による授業評価が、大学授業の改善に役立っていない、と言われている。そこで、本研究では、北星学園大学で2003年度と2005年度に行った学生授業評価を比較分析する事で、学生による授業評価の有効性について検証した。各項目毎にt検定を行った結果、学生評価は2005年度が有意に高い評価となっている。このことは、大学教員の授業改善がみられた結果と解釈でき、授業評価が一定の効果があることが示された。また、2003年度と2005年度の前期と後期についても同様の分析を行った結果、有意に後期の評価が高かった。前期の評価が後期の授業へのインセンティヴになった可能性も示唆された。
(掲載部分)p37-p43
   共著   北星学園大学社会福祉学部北星論集   北星学園大学   第45号   pp.37-43   2008/03