タジツ キヨシ
  田実 潔   社会福祉学部 共通部門   教授
■ 標題
  発達障害児・者のパニック行動対応学習支援モデルの開発
-アスペルガー症候群児を対象としたPRM(パニック リフレクション モデル)-
■ 概要
  発達障害児、特にアスペルガー症候群のある子どもを対象に、対象児が起こすパニック行動の軽減を狙いとしたパニック行動対応学習支援モデルの開発を行った。モデルはパニックリフレクションモデルと命名され、Flashをエディッタとして開発された。パニックの直接原因となった刺激からパニック行動に至までのプロセスを、スモールステップで分析し、パニックにいたる行動以外に選択可能な行動を選択肢として示すことで、最終的にパニック行動ではない他の反応行動にいたる選択があることを理解させることを目標としている。実際の事例を基にパニックリフレクションモデルをリリースし紹介したが、先行研究との比較や開発過程で示された課題等から、今後は事例を多く集めることや他の場面への般化の課題を検討していく必要が示された。
   共著   北星学園大学社会福祉学部北星論集   北星学園大学   第49号   pp.125-131   2013/03