クリバヤシ ヨシマサ
  栗林 克匡   社会福祉学部 福祉心理学科   教授
■ 標題
  シャイな人は自分の顔をどう捉えているか
■ 概要
  本研究ではシャイな人の相貌の自己認知について検討した。特に自分の顔(相貌)に関する自己概念と自己評価、顔における装飾という自己表出に着目した。シャイな人は自分の顔自体をネガティブに認知していることはほぼ見られなかったが、自分の顔に対する評価はネガティブであった。また、顔における装飾に関して、シャイな人は髪を染めず、メガネを使用している人が多かった。
(掲載部分)p25-p31
   単著   北星学園大学社会福祉学部北星論集   北星学園大学   第42号   pp.25-31   2005/03