ウルリケ・ネンシュティール
  ウルリケ・ネンシュティール   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  「雇用システムの揺らぎと学歴社会」の関連で見たドイツの大学教育とその意義
■ 概要
  現在、日本でもドイツでも雇用システムが揺らぐようになってきたが、それは教育及び教育の選抜に影響を与えている。ドイツにおいては、同時に高等教育のシステムに根本的な改革が施されている。これらの相互関係及び卒業者の就職状況を把握しながら、ドイツと日本の変化の方向とその含意を比較する。
(掲載部分)p39-p48
   単著   現代社会学研究   北海道社会学会   Vol.18   pp.39-48   2005/04