ウルリケ・ネンシュティール
  ウルリケ・ネンシュティール   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  インクルーシブ教育。教科教授法と特殊教育学による認識とコンセプト。
■ 概要
  「集団」教育がインクルージョン教育の手段となり得るかどうかを、社会的な排除を中心に検討した。論文では「インクルーシーブ教育」とは、日本で導入され始めた背景を紹介し、「インクルシーブ」という訳語については未だに専門家が一致するに至っていないが、「集団教育」を枠内で多くの生徒が包括的教育受けたことが明らかになる。現状を調べるために、著者が「普通」の学校で不登校になったり問題を起こしたりした生徒とその教員を対象に調査を行った。
   共著   インクルーシブ教育   2014/03