マキタ コウイチ
  牧田 浩一   社会福祉学部 福祉心理学科   教授
■ 標題
  児童養護施設における心理臨床覚書
■ 概要
  本小論は、筆者の児童養護施設における心理臨床経験をもとに、児童養護施設で心理臨床を行う際の基本的事項についてまとめたものである。すなわち①直接処遇職員(実習)の必要性、②児童養護施設の概要、③児童養護施設への心理臨床導入の経過~A児童養護施設を例に~、④心理療法担当職員の基本的構え、⑤児童養護施設における心理療法(プレイセラピー)、⑥児童への「心理療法」についての説明、⑦プレイセラピー初期の基本スタイル、⑧対象児童の選定、⑨他職種への配慮と理解~情報交換のときの注意点~、⑩引継ぎ、終結、⑪その他の注意事項である。以上の論点につき若干の考察を行った。
(掲載部分)p11-p16
   単著   心理教育相談室紀要   鳴門教育大学   第1巻   pp.11-16   2006/03