マキタ コウイチ
  牧田 浩一   社会福祉学部 福祉心理学科   教授
■ 標題
  【エッセイ】夏季休暇~自己理解の道標(みちしるべ)として~
■ 概要
  私が大学生のときに経験した夏季休暇を例にし、大学生活における夏季休暇の過ごし方について記した。また、大学で学ぶ「講義、演習や実習」とは異なる「内面的な経験」の大切さについて示唆した。
   単著   北星学園大学「学生相談室だより Lilaリラ」   北星学園大学・北星学園大学短期大学部学生相談室   第62号、2014年7月・夏号   2014/07