コウノ カズエ
  河野 和枝   社会福祉学部 福祉計画学科   教授(嘱託)
■ 標題
  【研究報告】北海道の教育2006-教育実践の集約と理論化
■ 概要
  「地域における子育て・学習運動-地域づくりは学びが響きあうやさしい人間関係から」を担当執筆。
合同教育研究全道集会の分科会に出された子育て・学習運動実践レポートを分析し、地域課題に即した住民の学習運動のプロセスとその諸条件を明らかにする。特に近年出される取り組みレポートは、地域子育て・子ども育ち支援に関してのものが多くなる傾向にあり、学校・家庭・地域の連携のあり方が問われ、ともに課題を共有しあう学びの共同や協働の活動を展開することが必要と強調し、地域ぐるみの概念を再構築することを提案する。
〔310p〕
(担当部分)p228-p233
   共著   合同教育研究全道実行委員会   pp.228-233   2006/11