エンドウ タロウ
  遠藤 太郎   短期大学部 生活創造学科   教授
■ 標題
  ドリス式円柱のフルーティングにおける脱物質化
■ 概要
  ギリシア神殿のドリス式円柱のフルーティングの視覚的性質(円柱の個体性を解体し、スケールを流動化させて神殿立面に強い映像性をもたらす)を論じた。またヘレニズム建築の部分的フルーティングに関するD.ヴァナガートの研究を紹介。
(掲載部分)p70-p98
   単著   芸術工学への誘いⅢ   2003年度名古屋市立大学芸術工学部紀要   pp.70-98   2004/02