ウチヤマ サトシ
  内山 智   短期大学部 生活創造学科   教授
■ 標題
  On Characteristics of Quantum-Mechanical Measurements
■ 概要
  物理的対象の古典力学的描像にもとづいて、量子力学的測定を定式化して分析をした。ハミルトン・ヴェクトル場から生成される力学的な流れを、測定器または測定環境からの影響の記述と解釈した。測定の文脈を明示的に表現することで、オブザーバブルの行列表現を有限次元ヒルベルト空間上に構成した。量子力学的状態は、ハミルトン・ヴェクトル場から生成される力学的な流れが作用する何かとして導入される。その上で、平均値に関するディラックの量子化条件を導く条件を探した。同時に、修正可能性、対称性の生成子、不変平均といった量子力学的測定の特徴が、定式化された。
   単著   Annals of the Japan Association for Philosophy of Science   科学基礎論学会   第17巻   pp.31--45   2009/03