アベ マサヒト
  安部 雅仁   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  カイザー・パーマネンテのマネジドケア(2)
ー第2次大戦期から終戦直後までの歴史過程
■ 概要
  戦時中の1943年には、連邦政府において国民医療保険の導入議論が行われたが、民間医療保障を基本とすることが選択された。カイザーの医療プランは、本来、カイザー産業内において運営されていたが、1945年7月以降、カイザー・パーマネンテを通して(同産業以外の労働者にも)提供されることとなった。カイザー・パーマネンテは、予防医療を含む包括的プランと扶養家族に対するプランを用意していたため、西部沿岸地域の多くの労働組合および企業から支持された。
   単著   『北星論集』   第51巻、第1号   pp.41-63   2011/09