クリヤマ タカシ
  栗山 隆   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  北海道社会福祉審議会児童福祉専門分科会児童相談体制のあり方検討部会報告(提言)
■ 概要
  北海道社会福祉審議会児童福祉専門分科会児童相談体制のあり方検討部において部会長として「児童相談体制のあり方検討部会報告(提言)」をまとめた。平成28年5月児童福祉法等の一部改正が行われ、全ての児童が健全に育成されるよう、市町村・都道府県・国それぞれの役割と責務の明確化や、市町村及び児童相談所の体制強化、里親委託の推進等の措置を講ずることになり、本道においてもその特色や事情を踏まえた課題の整理とあり方を検討するために平成29年3月提言をまとめ社会福祉審議会臨時総会に提案され了承された。この提言は、さらに細部について検討するため継続審議中である。
     2017/03